口先でなくお腹から英会話【その8】

【 作成日:2020. 1. 9 】

・・・・・・・・・・

【 更新日: 2020.1. 21】

*店主のダミ声入れました。



・・・・・・・・・・・


目指せ英語中級者!

新たな英会話アウトプット教材


【呼吸式アウトプット練習法】


☆《1D》Breath  英会話  ★


またまた身勝手なコーナー誕生!


・・・・・・・・・・・・




*《1D》Breath = One deep  breath

「ひと息の深呼吸」という意味です。




ども。こんにちは。


軽いきっかけで40歳から英会話の勉強してます。


「ウォーキングサッカー普及活動家」


そして「アラフォーのカレー屋店主」こと遠藤と申します。


軽く自己紹介すると


埼玉県の戸田公園あたりで1人で飲食店を営んでおります。


ワタクシ、26歳の時(*2002年)にお店を立ち上げ、おかげさまで2019年3月で17周年を迎えることができました。


ですので、けっしてあやしいモノではございませんので、どうぞよろしくお願いします。



" なんでカレー屋の店主が英会話なんて "と思った方は


■ 「レツ! インジョイ・エングィッシュ英会話その①」 からどうぞ!!


ここでは、英会話初心者の方向けにネイティブの発音をワタクシが半ば強引なカタカナで書いて、それを声に出して反復練習していくという勉強法を紹介しています。


私が勉強しているのはアメリカ英語ですので、その点、ご了承ください。


「インジョイ・エングィッシュ英会話」も《その57》で終了となりました。


それを踏まえ、次のステージに進みたいと思います!



・・・・・・・・・・



さて、ではこの新コーナーでは何をするのか?


「One deep  breath」が示すように「ひと息」で会話文を言う練習をします。


しかも、あえて2つか3つの会話文を「ひと息」で言うようにして、日常会話がよりスムーズに話せるようにするのが目的です。


極端に言うと、英語は日本語と違い、喉を開いて息を吐きながら言うのが特徴です。


さらに、声自体を低くして言います。


「吐く息」と「低い声」がポイントになります。


これが「深呼吸式アウトプット法」というわけです。


さらに、今はスマホの録音アプリなどが簡単に手に入るので、自分の声を録音して聞いてみて、言い方を変えながら声の変化を感じるのもすごく効果的な勉強法ですよ!


今回も何ページかにわたる内容です。


カレー屋のマスターと常連の青年のやりとりを

イメージした会話文作りました。



店主のダミ声も随時、入力できたらと思います!


息を思いっきり吸い込んで、反復練習していきましょう!



「レツ!テイカ・ディィプ・ブレス!」

(Let's  take  a  deep  breath!)



マスターの愚痴から・・


マークをClick!!

*アラフォー店主のダミ声


(店主のグチ)

ーーーー

【Well, I'm confident about my curry.】

【But I guess

  good curry isn't enough to keep

         regular customers.】

【If it were attractive,

 it would have some customers here now.】


ーーーー

『ウェゥ, アム  カンフィデン ラバゥマカリィ.』

『バラ(イ)ゲス

  グッカリィ エズン イナフ  ルキィプ 

         レギュラカスタマァズ.』

『エフェッワァ  アトュラクティブ

 エッウドュヘブ スムカスタマァズ  ヒァナゥ.』


ーーーー

「う~ん、自分のカレーには自信あるけどなぁ」

「ただ、うまいカレーだけじゃ

 常連客をキープできないんだわ」

「もしそれが魅力的なら

 今ももっとお客さんがいるはずだしね」


ーーーー


【解説】


「Well」は「l」を「ゥ」にして「ウェゥ」


「confident」「コンフィデント」でなく

「o」を「ア」にして語尾おとして

「カンフィデン」にします。


「about」も語尾おとして「アバゥ」ですが

「confident」の「t」をうけて

ラ行かダ行の音で「ラバゥ」「ダバゥ」

で言いましょう。


「But I」も同様に「t」でつけて

「バライ」から「バラ」にします。

「isn't」は「エズン」にします。


「enough to」の「to」は

他の場合も同様に弱めにいいます。

「トュ」でもOKですが

「ル」や「ラ」だと言いやすいです。


「If it」は「イフイット」ではなく

「If」は「エフ」「it」は「エッ」になり

くっつけて「エフェッ」になります。




マークをClick!!

*アラフォー店主のダミ声


(青年の励まし)

ーーーー

【I really like your curry

    and the relaxing atmosphere here.】

【You have a nice smile , master,

   so I think you should smile

     when you help customers.】


ーーーー

『アリリィ ライキョァカリィ

 エン ダリラクセン  アトマスフィァ  ヒァ.』

『ユヘバ  ナイスマイゥ,  マスタァ,

  ソアセンク  ユシュドュ  スマイゥ

   ウェニュ  ヘゥプ  カスタマァズ.』


ーーーー

「マスターのカレーと

 ここのリラックスできる雰囲気が大好きなんです」

「マスターは笑顔が素敵だから

 接客するときは笑顔でいるほうがいいですよ」


----


【解説】


◆まずは単語から


「smile」「help」の「ル」「l」は

「ゥ」にして「スマイゥ」「ヘゥプ」


「relaxing」のような「ing系」は

「i」を「エ」にして語尾おとします。

なので「エン」で「リラクセン」


「atmosphere」「雰囲気」は

「o」を「ア」に「a」を強調して

トマスフィァ」です。

「フィァ」で息の音を意識するように。


◆くっつけて言うモノ

「like your」ー「ライキョァ」

「have a」ー「ヘバ」

「nice smile」ー「ナイスマイゥ」

「when you」ー「ウェニュ」




マークをClick!!

*アラフォー店主のダミ声


(ダメ出しされたマスター)

ーーーー

【You mean, I don't look very friendly?】

【I didn't know I could look so serious.】

【I'll keep that in mind every time

         I serve a customer.】

ーーーー

『ユミィン,

  アロンルック ベゥリィフレンドュリィ?』

『アディンノウ  アクドュ  ルックソ セリアス.』

『アゥキィプダッ エンマイン  エビタイ

       アサァブァ  カスタマァ』

ーーーー

「それって、私があまりフレンドリーに

       見えないってことかな?」

「自分がそんなに生真面目に見えるとは

          知らなかったな。」

「毎回、

  接客するときに気をつけることにするよ」


ーーーー


【解説】


「I don't」は「アロン」で

「I didn't」は極端に「アディン」です。

「デ」を強めにいうといいかもです。


「friendly」は「フレ」を「フェ」と

言うようにつけ気味に言います。


「serious」は「スィリアス」でもOK

息を意識してください。


「I'll」は「アイル」ではなく

「アゥ」で言いましょう。

「in」は「エン」「every」は「エビ」で。



今回はここまで。


少しずつ長い文章になってきてますが、とにかく吐く息を意識してお腹から息を吐き出すようにしてください。


まさに複式呼吸で腹筋が鍛えられるかもしれないですね。


アウトプットの勉強はエクササイズにもなるとかならないとか・・・


それでは、また

【その9】でお会いしましょう!


「レツ!インジョイ・エングィッシュ!」

Bye bye~



★☆ 他のページもここから飛べますよ! ★☆


『1』 『2』 『3』 『4』  『5』

『6』  『7』 『8』 『9』 ・・・・

👉【Next】

☆耳よりなお知らせ★

*画面を横でプロフィール見やすくなります。


" 専用サイトから引用 " 

☆★ 挨拶動画もありますよ!