40代のウォーキング解説(英語版⑩)

【作成日:2020. 5. 8】



・・・・・・・・・・


英語初級&中級者向け!!

スピーキング力を鍛える練習帳


☆ 《1D》Breath 英会話  ★

【 One Deep Breath English】

~ 深呼吸式アウトプット英会話 ~



身勝手なコーナー、再び誕生!!


・・・・・・・・・・



ども。こんにちは。


軽いきっかけで40歳から英会話の勉強してます。


「ウォーキングサッカー普及活動家」


そして「アラフォーのカレー屋店主」こと遠藤と申します。


軽く自己紹介すると


埼玉県の戸田公園あたりで1人で飲食店を営んでおります。


ワタクシ、26歳の時(*2002年)にお店を立ち上げ、おかげさまで2019年3月で17周年を迎えることができました。


ですので、けっしてあやしいモノではございませんので、どうぞよろしくお願いします。



" なんでカレー屋の店主が英会話なんて "と思った方は


■ 「レツ! インジョイ・エングィッシュ英会話その①」 からどうぞ!!


ここでは、英会話初心者の方向けにネイティブの発音をワタクシが半ば強引なカタカナで書いて、それを声に出して反復練習していくという勉強法を紹介しています。


私が勉強しているのはアメリカ英語ですので、その点、ご了承ください。


「インジョイ・エングィッシュ英会話」も《その57》で終了となりました。


それを踏まえ、次のステージに進みたいと思います!



・・・・・・・・・・



さて、ではこの新コーナーでは何をするのか?


「One deep  breath」が示すように「ひと息」で会話文を言う練習をします。


しかも、あえて2つか3つの会話文を「ひと息」で言うようにして、日常会話がよりスムーズに話せるようにするのが目的です。


極端に言うと、英語は日本語と違い、喉を開いて息を吐きながら言うのが特徴です。


さらに、声自体を低くして言います。


「吐く息」と「低い声」がポイントになります。


これが「深呼吸式アウトプット法」というわけです。


さらに、今はスマホの録音アプリなどが簡単に手に入るので、自分の声を録音して聞いてみて、言い方を変えながら声の変化を感じるのもすごく効果的な勉強法ですよ!


伝わりづらいかもですが、店主のダミ声を録音してあれば、そこを聞いてみてください。


今回は長編シリーズになります。


私が書いたページを英語に変換してみたいと思います。


「40代からのウォーキングは、もう1つ〇〇を加えよう」という、なかなか好評を得ているページです。


気になる方は

「40代からの・・・・」へGo!!



それでは息を思いっきり吸い込んで、

反復練習していきましょう!



「レツ!テイカ・ディィプ・ブレス!」

(Let's  take  a  deep  breath!)



大事なのは下半身なんです!

*ちょっと長いかもですが、息をたっぷり吸い込んで練習しましょう。

*長かったら2つに分けても大丈夫ですよ!


*うまく言えない場合は【その20】を参照してくだい。

「内容語」と「機能語」について知ると、意識的に抑揚つけやすくなりますので!


ーーーー(英会話文)

The second way of thinking,

Basal metabolism increase or decrease

in proportion to muscle mass.

By the way,

muscles composed of fast muscle fibers are

used for agile moving

and slow muscle fibers

for daily action.

It turns out,

fast muscles are broken down

than slow one with age.

So It's not just limited to forties,

To build up your fast muscles naturally

is the best shortcut,

If elderly people

want to improve your muscles.

Walking is aerobic exercise

to use your slow muscles,

So you can't really expect to improve it.

ーーーー(カタカナ読み)

ダ セカン ウェイブ センケン、

ベイゾゥ メダバリズム 

エンクリィズォア デクリィズ

エン プロポーシュン ラ マッソゥ メス。

バイダウェイ、

マッソゥ カンポーゼダブ 

ファアストュ マッソゥ ファイバァズァ 

ユーズドュ フォ アジャゥ ムーベン

エン スロゥ マッソゥ ファイバァズ 

フォ デイリィ アクシュン。

エッ ターンザゥ、

ファストュ マッソゥズ ブロークン ダウン 

ゼン スロゥ ワン ウィッエイジ。

ソ エツナ ジュス リミデッ ダ フォォリィズ、

トュ ビルダップョア 

ファストュ マッソゥズ ナチュラリィ エズ

ダ ベストュ ショーカッ、

エフ エゥダリィ ピィプゥ 

ワナ エンプルーブ ヨァ マッソゥズ。

ウォーケン エズ エロベク イクササイズ 

ダ ユゥズョア スロゥ マッソウズ、

ソ ユキャン リリィ イクスぺクトュ 

タ インプルーベッ。


ーーーー(日本語訳)

もうひとつの考え方として、

基礎代謝は筋肉量に比例して増減します。

ちなみに、

筋肉は瞬発性のある動作で使われる速筋と

日常動作で使われる遅筋に分けられます。

年齢とともに衰える筋肉は速筋のほうが

より衰えることがわかってます。

なので、40代に限らず、

もっと上の方たちも筋力アップを図るなら

無理のない範囲で速筋を鍛えるのが

1番の近道です。

ウォーキングは

遅筋をつかう有酸素運動のため、

筋力アップはそれほど期待できません。


ーーーー


【ちょっとした語句の解説】


今回は「もう一つ」という表現で「second」使いました。


「in proportion to~」「~に比例して」


「composed of~」で「~から形成されています」というニュアンスになり、ここでの「筋肉は~と~に分かれています」に使いました。


「It turns out」は「~がわかっています」「~ということが判明してます」という意味になります。


「~に限らず」「It's not just limited to~」

「近道」「shortcut」

「筋力アップ」は「improve」で「改善」などの意味合いです。



ーーーー(英会話文)

Then why should you work out

not your upper body but lower?

Simply put,

Your lower is larger than upper

in the proportion of muscles to your body.

People want to know in more detail...


◇「The effective care of muscles

starts from forty years old」is this way!

*It also explain 「Protein」

makes up muscles.

And above all,

It makes a beneficial suggestion

for the forties.

Please take a look at least once!


In conclusion,

It's really important

to combine a good balance of

「Walking」and「lower body's training」.


ーーーー(カタカナ読み)

ゼン、ワイ シュドュユ ワークアゥ

ナッ ヨァ アパバディ バッ ロウワァ?

センプリィ プッ、

ヨァロウワァ エズ ラァジャァ ゼナパァ

エン プロポーシュヌブ マッソゥズ 

トュヨァ バディ。

ピィプゥ ワナ ノウ

 エン モァ ディテェゥ.....


「ズィ イフェクテブ ケアブ マッソゥズ

スタートュ フム フォ―リィ イヤズォウ」

エゼス ウェイ!

*エツ アゥソ イクスプレン

「プロテイン」メイクサップ マッソゥズ。

エン アババゥ、

エッ メイカ ベネフィシャゥ サジェスチュン 

フォ フォオリィズ。

プリズ テイカ ルカッリィストュ ワンス!


エン コンクリュージュン、

エツ リリィ エンパァヌン

タ カンバイナ グッバランスブ

「ウォーケン」エン

「ロゥワァ バディズ チュレイネン」


ーーーー(日本語訳)


では、

なぜ上半身ではなく下半身を鍛えるのか?

簡単にいえば、

体全体の筋肉量の割合が下半身のほうが

より多いからなのですが、

もっと詳しく知りたい方は


◇「40代から始める

                効率のいい筋肉ケア」はコチラ

*筋肉を構成する「タンパク質」についても

解説してますし、

なにより

40代の方たちに有益な提案もしてますので、

ぜひ1度ご覧ください!


以上のことを総合すると

「ウォーキング」と「下半身の筋トレ」の2つを

バランスよく組み合わせることが、

40代以降の人たちには

非常に大事になってきますね。


ーーーー

【ちょっとした語句の解説】


「Simply put」「簡単にいえば」などの定型句です。


「もっと詳しく」「in more detail」

「なにより」「above all」


「please ~at least once」を組み合わせることで「please」が「ぜひ」というニュアンスになります。


「In conclusion」で「以上をまとめると」など、締めの定型句で使えます。



今回はここまで。


単語が専門的で難しいですが、文章自体はそれほど難しいわけではありません。


なので、単語を言うのに慣れていけば、問題ないと思いますので練習してみてください。


それでは、また次回お会いしましょう。


「レツ!インジョイ・エングィッシュ!」

Bye bye~



★☆ 他のページもここから飛べますよ! ★☆


『1』  … 『5』 『6』  『7』 『8』 『9』 

             『37』 『38』 『39』 『40』 『41』   ・・・

👉【Next】



★ It's never too late!!★


★発音から丁寧に教えてくれる英語教材!


★発音から勉強すると、同時進行で「スピーキング力」と「リスニング力」を伸ばせますよ!


★これで3万円程度なので、とてもリーズナブルな教材だと感じます。


★これが高いと感じるか安いと感じるかは、自分のモチベーション次第だと私は思います。


by アラフォーのカレー屋店主


*画面を横でプロフィール見やすくなります。


" 専用サイトから引用 " 

☆★ 挨拶動画もありますよ!
    ↓↓Go!!

プライムイングリッシュ