40代のウォーキング解説(英語版③)

【作成日:2020. 4. 22 】



・・・・・・・・・・


英語初級&中級者向け!!

スピーキング力を鍛える練習帳


☆ 《1D》Breath 英会話  ★

【 One Deep Breath English】

~ 深呼吸式アウトプット英会話 ~



身勝手なコーナー、再び誕生!!


・・・・・・・・・・



ども。こんにちは。


軽いきっかけで40歳から英会話の勉強してます。


「ウォーキングサッカー普及活動家」


そして「アラフォーのカレー屋店主」こと遠藤と申します。


軽く自己紹介すると


埼玉県の戸田公園あたりで1人で飲食店を営んでおります。


ワタクシ、26歳の時(*2002年)にお店を立ち上げ、おかげさまで2019年3月で17周年を迎えることができました。


ですので、けっしてあやしいモノではございませんので、どうぞよろしくお願いします。



" なんでカレー屋の店主が英会話なんて "と思った方は


■ 「レツ! インジョイ・エングィッシュ英会話その①」 からどうぞ!!


ここでは、英会話初心者の方向けにネイティブの発音をワタクシが半ば強引なカタカナで書いて、それを声に出して反復練習していくという勉強法を紹介しています。


私が勉強しているのはアメリカ英語ですので、その点、ご了承ください。


「インジョイ・エングィッシュ英会話」も《その57》で終了となりました。


それを踏まえ、次のステージに進みたいと思います!



・・・・・・・・・・



さて、ではこの新コーナーでは何をするのか?


「One deep  breath」が示すように「ひと息」で会話文を言う練習をします。


しかも、あえて2つか3つの会話文を「ひと息」で言うようにして、日常会話がよりスムーズに話せるようにするのが目的です。


極端に言うと、英語は日本語と違い、喉を開いて息を吐きながら言うのが特徴です。


さらに、声自体を低くして言います。


「吐く息」と「低い声」がポイントになります。


これが「深呼吸式アウトプット法」というわけです。


さらに、今はスマホの録音アプリなどが簡単に手に入るので、自分の声を録音して聞いてみて、言い方を変えながら声の変化を感じるのもすごく効果的な勉強法ですよ!


伝わりづらいかもですが、店主のダミ声を録音してあれば、そこを聞いてみてください。


今回は長編シリーズになります。


私が書いたページを英語に変換してみたいと思います。


「40代からのウォーキングは、もう1つ〇〇を加えよう」という、なかなか好評を得ているページです。


気になる方は

「40代からの・・・・」へGo!!



それでは息を思いっきり吸い込んで、

反復練習していきましょう!



「レツ!テイカ・ディィプ・ブレス!」

(Let's  take  a  deep  breath!)



まじめな文章になってます。

*ちょっと長いかもですが、息をたっぷり吸い込んで練習しましょう。

*長かったら2つに分けても大丈夫ですよ!


*うまく言えない場合は【その20】を参照してくだい。

「内容語」と「機能語」について知ると、意識的に抑揚つけやすくなりますので!


ーーーー(英会話文)

Moreover, It depends on strength.

It gets a load by walking

 and stimulate your bone,

so It's easy to go up  a strength of bone and

 it's said that

 it has a good effect on

 osteoporosis prevention.


ーーーー(カタカナ読み)

モァアァバァ,

エツ デペンスァン スチュレングス.

エッ ゲダ ロード バイ ウォーケン 

 ゲン スティミュレイトュ ヨァ ボォン,

ソ エツ イィズィ ラ ゴアップ 

 スチュレングスブ ボォネン

 エツ セッダッ

 エッヘザ グッイフェクラ 

 ナスティオパロゥセス プリベンシュン.


ーーーー(日本語訳)

さらには、強度によりますが、

歩くことで荷重がかかり、

骨に刺激が加わるので骨の強さが増しやすく、

骨粗しょう症予防にもよいといわれています。

ーーーー


【ちょっとした語句の解説】


「get a load」「負荷をかける」

「stimulate」「刺激」

「osteoporosis」「骨粗しょう症」

「prevention」「予防」



ーーーー(英会話文)

And then,

walking that It's not hard like running

 don't get out of breath.

And a heart can pump blood

 by stable pressure.

It finds out that

 discharge of

 serotonin stabilize an autonomic nerves

 is activated.

In this way,

 now, even only things I explain tell you

 that「walking」is helpful exercise has

 improving your physical

 for health promotion

 and lifestyle disease prevention.

Does it make sense?


ーーーー(カタカナ読み)

アンゼン,

 ウォーケン ダッ エツ ナッ ハードュ 

 ライク ランネン ダン ゲダゥダ ブレス.

エンダ ハァツ クン パンプ ブレッドュ 

 バイ ステイブゥ プレッシュァ.

エッ ファインダゥ ダッ

 デスチャァジァブ セラトニン 

 ステイバライザ オトナミック 

 ナァブスェズ アクテベイレッドュ.

エン デス ウェイ,

ナゥ, イーブン ナンリィ セングス 

 ア イクスプレイン テゥユ

 ダ 「ウォーケン」エズ 

 ヘゥプフウ イクササイズ ヘズ

 インプルゥベン ヨァ フィズィカゥ 

 フ ヘゥス プロモゥシュン

 エン ライフスタイゥ ディズィイザス 

 プリベンシュン. 

ダゼ メイク センス?


ーーーー(日本語訳)

また、

ランニングの様に激しくないウォーキングは、

呼吸が切れることもなく、

心臓は安定した圧力で血液を送り出す事ができ

自律神経を安定させるセロトニンの分泌が

活性化されることもわかっています。

このように、今あげただけでも

健康推進のための体質改善や

生活習慣病の予防に役立つ運動であることが

おわかりいただけたでしょうか。

ーーーー

【ちょっとした語句の解説】


「get out of breath」「息切れする」

「pump blood」「血液を送る」

「stable pressure」「安定した圧力」

「discharge」「分泌」

「autonomic nerves」「自律神経」

「activate」「活性化する」

「even only~」「~だけでさえ」

「improving your physical」「体質改善」

「health promotion」「健康推進」

「lifestyle diseases」「生活習慣病」



今回はここまで。


単語が専門的で難しいですが、文章自体はそれほど難しいわけではありません。


なので、単語を言うのに慣れていけば、問題ないと思いますので練習してみてください。


それでは、また次回お会いしましょう。


「レツ!インジョイ・エングィッシュ!」

Bye bye~



★☆ 他のページもここから飛べますよ! ★☆


『1』  … 『5』 『6』  『7』 『8』 『9』 

      『30』 『31』 『32』 『33』 『34』   ・・・

👉【Next】



☆英語やるなら今でしょ!★


★発音から丁寧に教えてくれる英語教材!


★発音から勉強すると、同時進行で「スピーキング力」と「リスニング力」を伸ばせますよ!


★これで3万円程度なので、とてもリーズナブルな教材だと感じます。


★これが高いと感じるか安いと感じるかは、自分のモチベーション次第だと私は思います。


by アラフォーのカレー屋店主


*画面を横でプロフィール見やすくなります。


" 専用サイトから引用 " 

☆★ 挨拶動画もありますよ!
    ↓↓Go!!

プライムイングリッシュ