ささやき&しゃがれ声で発声【その12】

【作成日:2020. 1. 21 】

・・・・・・・・・・・

【 更新日:2020. 1. 21 】

*店主のダミ声入れました。



・・・・・・・・・・・


目指せ英語中級者!

新たな英会話アウトプット教材


【呼吸式アウトプット練習法】


☆《1D》Breath  英会話  ★


またまた身勝手なコーナー誕生!


・・・・・・・・・・・・




*《1D》Breath = One deep  breath

「ひと息の深呼吸」という意味です。




ども。こんにちは。


軽いきっかけで40歳から英会話の勉強してます。


「ウォーキングサッカー普及活動家」


そして「アラフォーのカレー屋店主」こと遠藤と申します。


軽く自己紹介すると


埼玉県の戸田公園あたりで1人で飲食店を営んでおります。


ワタクシ、26歳の時(*2002年)にお店を立ち上げ、おかげさまで2019年3月で17周年を迎えることができました。


ですので、けっしてあやしいモノではございませんので、どうぞよろしくお願いします。



" なんでカレー屋の店主が英会話なんて "と思った方は


■ 「レツ! インジョイ・エングィッシュ英会話その①」 からどうぞ!!


ここでは、英会話初心者の方向けにネイティブの発音をワタクシが半ば強引なカタカナで書いて、それを声に出して反復練習していくという勉強法を紹介しています。


私が勉強しているのはアメリカ英語ですので、その点、ご了承ください。


「インジョイ・エングィッシュ英会話」も《その57》で終了となりました。


それを踏まえ、次のステージに進みたいと思います!



・・・・・・・・・・



さて、ではこの新コーナーでは何をするのか?


「One deep  breath」が示すように「ひと息」で会話文を言う練習をします。


しかも、あえて2つか3つの会話文を「ひと息」で言うようにして、日常会話がよりスムーズに話せるようにするのが目的です。


極端に言うと、英語は日本語と違い、喉を開いて息を吐きながら言うのが特徴です。


さらに、声自体を低くして言います。


「吐く息」と「低い声」がポイントになります。


これが「深呼吸式アウトプット法」というわけです。


さらに、今はスマホの録音アプリなどが簡単に手に入るので、自分の声を録音して聞いてみて、言い方を変えながら声の変化を感じるのもすごく効果的な勉強法ですよ!


今までのポイントにプラスして、息の音を強調する練習として「ささやくような話し方」と喉から出す「しゃがれ声」を意識してやってみてください。


伝わりづらいかもですが、店主のダミ声を録音してあれば、そこを聞いてみてください。


今までのダミ声ではなく、しゃがれ気味の発声と口からもれてる息の音が聞こえると思いますので。



今回も何ページかにわたる内容です。


今回は、会話において1つネタを覚えておきましょうということで


「富士山」についての簡単な解説の文にしました。


日本の鉄板ネタなので、自分から海外の方に話しかけるにはもってこいだと思います。


ちなみに、実際に私は10回登ったことがあるので、体験談などで広げることもできますよね。



それでは息を思いっきり吸い込んで、

反復練習していきましょう!



「レツ!テイカ・ディィプ・ブレス!」

(Let's  take  a  deep  breath!)



会話のネタを持つのは大事です!

☆店主のダミ声入力しました。

ーーーー(英会話文)

【Do you know Mt.Fuji?

                 or have you ever climbed it?】

【Now, Let me explain about Mt.Fuji.】

【Mt.Fuji is the highest mountain in Japan.】

【It's 3,776 meters high.】

【Mt.Fuji is located between

      Shizuoka and Yamanashi prefectures.】


ーーーー(カタカナ読み)

『デュノゥ  マウンフジ

   オァ  ヘブュ  エバ  クライメッ?』

(以下:Mt.Fujiで表示)

『ナゥ,  ㇾッミィ  イクスプレンナバゥ  Mt.Fuji』

『Mt.Fuji  エズダ 

  ハイエストュ  マウッウン  エンジュペン』

『エツ スリィサゥゼン  セベンハンジュレッ 

    セブティシックス  メェダァズハイ』

『Mt.Fuji  エズ  ロゥケイレッ  ベトウェン

  シズオカ  エン  ヤマナシ  プリフェクチャ』


ーーーー(日本語訳)

「富士山はご存じですか?

もしくは登ったことありますか?」

「それじゃ、

   富士山について説明させてもらいますね」

「富士山は日本で1番高い山なんです」

「標高3776メートルです」

「静岡県と山梨県にまたがって位置しています」


ーーーー


【解説】


「Do you know」は「デューユーノー」でなく

「デュノゥ」で言えるように。


「Have you ever~」は

「今まで~したことありますか?」という日常会話では非常によく使われる形なので


「ヘブュエバ」を口から勝手に出てくるまで反復しましょう。


「mountain」は「マウンテン」と言わず

「t」の音が落ちます。

なので「マウッウン」や「マウンエン」でもOKです。


「Mt.」は「マウント」でも「マウン」でもOKです。


「climb it」は「it」が「エッ」なので

2つつけて「クライメッ」


「let me」は「ㇾッミ」

「explain」の「ex」は「イクス」

「explain about」の「about」は

「explain」の「n」に引っ張られ

「ナバゥ」のようになります。


「located」は「t」をラ行にして

語尾を弱めに「ロゥケイレッ」


「meters」の「t」も同じでダ行で言ってもOKです。


「between」は「ビトウィン」でなく

「be」系の単語は「ベ」で言います。



☆店主のダミ声入力しました。

ーーーー(英会話文)

【You can climb Mt.Fuji

             only during the summer season.】

【You can go up to the fifth station by car.】

【More than 200,000 people climb it

                                          during the period.】

【So If you try to get a parking space,

                                            It'll be a long line.】


ーーーー(カタカナ読み)

『ユクン  クライム  マゥンフジ

   オンリィ デュレンダ  サマスィズン』

『ユクン  ゴアプラダ 

     フェフステイシュン  バイカァ』

『モァゼン

  トュゥハンジュレッサウゼン  ピィポゥ 

     クライメッ  デュレンダ  ペリアドュ』

『ソ エフュ  トュライラゲラ  パァケンスペィス

         イドュゥ  ビア  ロンライン』


ーーーー(日本語訳)

「富士山に登れるのは夏場だけなんです」

「5合目までは車で行けますので」

「期間中は20万人以上の人が登ります」

「なので、駐車場に止めようとすると

      車の行列ができるんですよ」


ーーーー


【解説】


「can」は「ケン」か「クン」で言います。


「summer」は伸ばさず「サマ」


「go up to」の「to」は「タ」でも「ル」でもOKですが、なるべく弱く存在感をなくしてつなげてください。



「try to」も同じようにいいます。

「tr」系は「チュ」と言いがちです。


「get a」は「ゲタ」よりは

「t」をラ行かダ行にして「ゲダ」「ゲラ」で言うほうがいいです。


同じように「it'll」も「イトゥ」ではなく

「イドゥ」で言います。

*語尾は「ル」ではなく「ゥ」


「station」の「tion」系は「シュン」

「than」は「ザン」でなく「ゼン」

「people」の「ル」は「ゥ」で。

「If you」は「エフュ」で。



今回はここまで。


今回は文章自体は難しくないと思うので、今までの練習に「しゃがれ声」の練習も取り入れてみてください。


今まで以上に腹筋も使いますし、息の音がよりはっきり聞こえてくると思います。


店主のダミ&しゃがれ声も、わざとしゃがれによせて、なるべく早くいれておきますので、練習の1つとしてやってみてください。


それでは、また次回お会いしましょう。


「レツ!インジョイ・エングィッシュ!」

Bye  bye~



★☆ 他のページもここから飛べますよ! ★☆


『1』  … 『5』 『6』  『7』 『8』 『9』

『10』 『11』 『12』 『13』 ・・・・

👉【Next】

☆耳よりなお知らせ★

*画面を横でプロフィール見やすくなります。


" 専用サイトから引用 " 

☆★ 挨拶動画もありますよ!

↓↓Go!!

プライムイングリッシュ