「長さとリズム」の英会話【その1】 

【作成日:2020. 2 . 13 】

・・・・・・

【 更新日:2020. 2. 13 】

*店主のダミ声入力しました。



・・・・・・・・・・・


英会話初心者の方へ!

スピーキング力向上への練習帳


☆ LR英会話 ★

【 Length & rhythm English 】

~ 発音の長さからリズムがうまれる英会話 ~


三たび、身勝手なコーナー誕生!!



・・・・・・・・・・・




ども、こんにちは。


軽いきっかけで40歳の時から(*2016年頃)英会話の勉強してます。


「ウォーキングサッカー普及活動家」

そして「アラフォーのカレー屋店主」こと遠藤と申します。


軽く自己紹介すると

埼玉県の戸田公園あたりで1人で飲食店を営んでおります。


ワタクシ、26歳の時(*2002年)にお店を立ち上げ、おかげさまで2019年3月で17周年を迎えることができました。


ですので、けっしてあやしいモノではございませんので、どうぞよろしくお願いします。


なんで「カレー屋のおっさん」が英会話を?と思った方!


こんなページもあります↓↓↓

「アラフォー店主の英語学習のきっかけ」


独学で店が暇なときにコツコツ勉強してます。


まだまだ中級者とはいいがたい実力ではありますが、コツコツと英会話の勉強つづけております。


このようなページ作りをしながら自分自身も成長を重ね、だいぶ手応えを感じ始めている状況です。


ここでは英会話初心者の方へ「スピーキング」に特化した反復練習用のページを作っていきたいと思いますので、どうぞ、よろしくお願いします。


他にも斬新なページを作っておりますので、ご紹介までに。


・・・・・・・・・・・


「ネイティブ式カタカナ英会話 【その1】


ここでは、英会話初心者の方向けにネイティブの発音をワタクシが半ば強引なカタカナで書いて、それを声に出して反復練習していくという勉強法を紹介しています。


私が勉強しているのはアメリカ英語ですので、その点、ご了承ください。



・・・・・・・・・・・


「深呼吸式アウトプット英会話 【その1】」

  ~One Deep Breath English ~


「One deep breath」が示すように「ひと息」で会話文を言う練習をします。


しかも、あえて2つか3つの会話文を「ひと息」で言うようにして、日常会話がよりスムーズに話せるようにするのが目的です。


・・・・・・・・・・・


それでは、このコーナーでは何をやっていくのか?


短めの英会話文をアウトプットして反復練習していきます。



まず、英会話文は「内容語」と「機能語」でできています。


それをふまえたうえで


1、「内容語」とよばれる単語のアクセントの部分を、わざと長~く言うようにして会話文全体に抑揚をつけていく練習をして、文全体にリズムができるのを自然と身につくようになっていただくのが目的です。



2、さらに、会話文全体で「内容語」を強調するように話す練習をします。


強調するといっても強めにいうわけではなく、機能語を弱く素早く短めにいうことによって、内容語をよりわかりやすく浮かび上がってくるようにすることです。



なので、まずポイントは会話文における「機能語」と「内容語」の区分けです。


これを聞くと、なにやら難しそうな感じしますが、簡単です!


知ってるか知らないかの問題なので、ぜひ知ってください。


下で解説していきます!


機能語と内容語とは?


簡単です。

要は、この言葉がないと内容がつたわらない言葉が内容語で、それほど内容的に重要でないものが機能語と覚えておくといいと思います。


機能語には、次の7つの品詞があります。

1.人称代名詞(主格、目的格及び所有格)
2.助動詞
3.前置詞
4.冠詞
5.接続詞
6.関係代名詞
7.Be動詞


内容語には、次の8つがあります。

1.名詞
2.動詞(一般動詞)
3.形容詞
4.副詞
5.指示代名詞(this,thoseなど)
6.所有代名詞(mineなど、~のもの系)
7.疑問詞
8.再帰代名詞(myselfなど,~self系)


これをふまえたうえで、内容語にあたるものを強調します。


強調するといっても強めにいうわけではなく、機能語を弱く素早くいうことによって、内容語をよりわかりやすく浮かび上がってくるようにすることです。


わかりやすく内容語をいうのにもポイントがあります。


単語にはアクセントがありますよね。


極端にいうと、その部分を高く長めに強調していうようにします。


例えば「communication」


「コミニュケイション」の「ケイ」にアクセントがきます。


なので「コミニュケェェイション」です。


さらに他の部分、特に母音の部分はあいまいにいうようにするので、極端に書くと・・・


カムンケェェイシュン」と言い、そう聞こえることもしばしば。


そして「カムン」と「シュン」は短めにいうと、より良くなります!


おわかりいただけましたか?


私の「ネイティブ式カタカナ英会話」も、このような要素により極端にカタカナ書きしてるというわけです。



・・・・・・


まとめると、


1、会話文の中では機能語は弱く素早く縮めていうことによって内容語を浮かびあがらせる。


2、内容語のアクセントの部分を高く長めに発音し、他はあいまいに弱く素早く言う。



会話文の中の「内容語」と「機能語」の関係性は


単語(内容語)の中の「アクセント」と「それ以外」の関係性と同じというわけです。


・・・・・・・


1つ注意点として、すべてにこれが当てはまるわけではありません。


話し手の意思や内容の強調したい箇所によって変化することもあるので要注意です。


これができるようになると、英語を話すうえでリズム感がでてきます。


がんばって反復練習していきましょう!


*店主のダミ声も極端バージョンとノーマルバージョン、随時入力します!




焦らずコツコツと


*練習のやりかた


会話文の中の「内容語」すべてにトーン・トーンとゆっくりリズムよく手拍子打ちます。


「内容語」のアクセントの部分を長めに発音し、手拍子の間のわずかな時間に「機能語」を言うようにします。



*単語などの発音の仕方はこちらに

「ネイティブ式カタカナ英会話【その4】」

こちらから抜粋しました。




*店主のダミ声

(ゆっくり手拍子入り)


マークをClick!!

*アラフォー店主のダミ声


ーーーー

【He was very angry then.】

『ヒゥワズ  ベゥリィ エングリィ ン』

「彼はその時、とても怒っていました」

ーーーー



【ちょっとした助言】


ここでは「内容語」の間に「機能語」はないので、「ヒワズ」と弱く短くスタートして3単語を発音するようにします。


アクセントの位置も同じなので、比較的簡単です。


アクセントを長くいう感覚を身につけていきましょう。




*店主のダミ声

(ゆっくり手拍子いり)


マークをClick!!

*アラフォー店主のダミ声


ーーーー

【Was John at home when you called him ?】

『ゥワズ ジョン アッゥム 

      ゥウェニュ ゥディム』

「あなたがジョンに電話した時、

         彼は家にいたかしら?」

ーーーー



【ちょっとした助言】


練習として「John」「home」「called」をゆっくりで同じテンポで3回手拍子します。


手拍子の間に「機能語」いれる練習してください。


この文は、長くても「ウェニュ」の2文字分の発音程度なので、これで慣らしていくといいと思います。




*店主のダミ声

(ゆっくり手拍子いり)


マークをClick!!

*アラフォー店主のダミ声


ーーーー

【I was really smart when I was a child.】

『アワズ ゥリリィ スメェェトュ 

  ウェナイ ゥワザ チャイゥドュ』

「子供の時、私はホントに頭がよかった」

ーーーー



【ちょっとした助言】


ここでは「really」「smart」とゆっくりな一定のリズムから「ウェナワザ」を弱く素早く入れ込み「チャ~イ」が強調されるように、練習しましょう。


「ウェナワザ」は最初は大変かもです。





*店主のダミ声

(ゆっくり手拍子いり)


マークをClick!!

*アラフォー店主のダミ声


ーーーー

【 I 'm going to travel Japan

  during the summer vacation.】

『アム ガァエン タ 

 チュレェェベゥ ジュペェ

   デュリンダ マべケェシュン』

「私は夏休みの間、

   日本を旅行する(つもり)予定です」

ーーーー

 


【ちょっとした助言】


「機能語」の「to」は弱くいえばいいので「タ」「ラ」「トュ」など言いやすいものでいいと思います。


「summer」は語尾を伸ばさず「サァァマ」で練習しましょう。



今回はここまで。

いかがでしたか?


最初はゆっくりでいいので、アクセントの部分を極端にやると自然と会話文の中で強調すべきものがわかってくると思います。


要は伝えたいことを1番強調するので、この練習はリスニングの強化にもつながってきます。


英会話のスピーキング力を上げるには、例えばサッカーで言うなら、ひたすらドリブルの練習をするのと一緒です。


ボールにたくさん触れてドリブルがうまくなることが、「アウトプットの量を増やして英語が話せるようになる」ことになります。


なので、コツコツ反復練習して、足技ならぬ「口技」を鍛えていきましょう!


それでは、また【その2】でお会いしましょう。


「レツ!インジョイ・エングィッシュ!」

Bye bye~


☆こういうのもありますよ★

*画面を横でプロフィール見やすくなります。


" 専用サイトから引用 " 

☆★ 挨拶動画もありますよ!