ゴルフのネタで世間話 PART2《その57》

〖  作成日:2019.12.07  〗


・・・・・・・・・


これは、英会話初心者に向けての手作り教材。

アウトプット専用の反復練習ページ集です!


・・・・・・・・・・




必殺!!ネイティブ式カタカナ英会話!


☆アラフォーのカレー屋店主が発案★

身勝手なコーナー誕生!


【レツ!インジョイ・エングィッシュ英会話】


「Let's enjoy English!」

(ネイティブ式カタカナ読みです!)




・・・・・・・・・・


ども、こんにちは。


ワタクシ、超初心者の40歳からのんびり独学で英語を勉強しております。


「ウォーキングサッカー普及活動家」


そして「アラフォーのカレー屋店主」こと遠藤と申します。


埼玉の戸田公園あたりで飲食店を営んでおります。


26歳(*2002年)のときに1人で店を立ち上げ、おかげさまで2019年3月で17周年を迎えることができました。


ですので、けっしてあやしいモノじゃございませんので、どうぞよろしくお願いします。


"じゃ、なんでカレー屋の店主が英会話?"と思った方は



■ 「レツ! インジョイ・エングィッシュ英会話その①」 からどうぞ!!



ここでは、ネイティブの発音をワタクシが半ば強引なカタカナで書いて、それを声に出して反復練習していくという勉強法を紹介しています。



個人的に思うことは

英会話のアウトプッは、サッカーのフリーキックや

バスケットの3Pのシュート練習と同じ、反復練習で身につけていくものだなということです。



反復練習をして、無意識のうちに口が覚えてる状態を目指していきましょう!


私が勉強しているのはアメリカ英語ですので、その点、ご了承ください。


ポイントはなるべく早いテンポで言えるようにすることです!


そうすることで単語1つ1つの発音だけでなく、3つ4つの単語を組み合わせた文節を一気に覚えることができます。


ただ急いで言うことではなく、できるだけひと息で言うことを意識してください。


最初は息を大きく吸い込んで、息を吐き続けて言うようにしてもいいかもです。


とにかく、音を止めないように息を出し続けることです。

ここ、すごく大事なポイントです!!!


最近では、より日常生活で使える簡単な会話文を中心にピックアップしております。


今回は2ページです。


話題にしやすいスポーツネタでゴルフにしました。


前日の試合結果とか、よく人に聞いたりしますよね。


困ったときはスポーツネタで、こんな感じに広げてみてくだいね。


前回は、最後に相手が

「私もゴルフやってみようかなぁ」

と言って終わりました。


その続きからです!


超初心者の方は、まずは文章まるごと覚えてしまってかまいません。


口に慣れさせていくことが大事なので。


ただし、リズムを意識しながら覚えてください。

少しずつスムーズになっていきますから。


少しずつですが、《その1》から順に店主のダミ声で音声もつけ始めていますので、そちらも参考にしていただければと思います。



それでは、始めていきましょう!


「レツ!インジョイ・エングイッシュ!」





★☆ 他のページもここから飛べますよ! ★☆


『1』 ・・        『49』 『50』 『51』 『52』

『53』 『54』 『55』 『56』 『57』




” 太った ” は「fat」だけじゃない!


What  happened  to  you?

What  happened  all  of  sudden?

ゥワッ パペン トュユ

ゥワッ パペン アラブ サドン

急にどうしたの?



【解説】


「急に」を強調したい場合は

「all  of  sudden」を使います。


「happened」は「ハプンド」とは言わず

語尾をおとして「パペン」「ハプン」でOKです。


「all  of」は「オール オブ」ではなく

「all」は単体だと「アゥ」ですが

「of」とくっつくと「l」のラ行の音が復活します。


「of」は「アブ」か「アァ」というので

「アラブ」か「アラァ」になります。

「アラブ」の「ブ」は消えるくらい弱く。




I'm  gaining  weight  these  days.

アム ゲイネン ウェイトュ ズィズデイズ

最近、太っちゃってさ。



【解説】


「太る」という表現は「体重が増える」で表現できます。


「gaining」は「ゲイニング」ではなく

「ing系」は語尾おとして「i」を「エ」にして「エン」にします。

なので「ゲイネン」になります。


「weight」の「トュ」は落とすか、弱めに言います。




If  I  start  playing  a  golf , 

I  wonder  if  I  will  be  able  to  lose  weight.

エファイ スタァトュ プレインガ ガゥフ

アワンダァ エファイ ウィゥビ エブタ

ルゥズ ウェイ

ゴルフ始めたらやせるかなぁ。



【解説】


「If I」は「イフ アイ」と言わず

極端ですが「エファイ」でつなげます。

「イファイ」でも全然OKです。


「playing」は「ing系」なので「エン」にしたいところですが


ちょっと「プレエン」は言いづらいので

「プレイン」でいきます。


ここでは、後ろの「a」とくっつくので

「g」の音が復活して「プレインガ」になります。


「golf」は「ゴルフ」ではなく

「o」は「ア」、「l」は「ゥ」で

「ガゥフ」になります。


「will」の「l」も同じで

「ウィル」ではなく「ウィゥ」です。

「be」は伸ばさず「ビ」です。


「able  to」は「エイブルトュー」ではなく

同じ「l」で「エイブゥトュ」になり

さらに縮めて「エブトュ」です。


しかし、ここでは「lose」が続くので

言いづらい人は「エブタ」でいいと思います。




Um ,  I'm  not  sure  that.

ウゥン、アムナッ シュアダッ

う~ん、どうだろうね。



【解説】


意味的には「わからないなぁ」という感じですが


「どうだろうね」でも使えると幅が広がると思いますよ。


ここでは「not」「that」くらいです。


「ノット」ではなく「ナッ」

「ザット」ではなく「ダッ」

語尾をおとしてください。




It's  depend  on  your  effort.

エツ エペンダ ニョァ エファァト

がんばり次第じゃない。



【解説】


ここでは「がんばり」を「努力」「effort」で表現しました。


「depend  on~」で「~次第」になります。


「on」の「o」を「ア」にしてくっつけます。

「デペンダン」になります。


さらに、「your」「ヨァ」ともくっつくので

「on」の「n」と「your」で「ニョア」で

「デペンダニョァ」になります。


「effort」も「o」を「ア」にして「エファァトュ」です。




I  don't  have  the  confidence  to  keep  it.

アロンヘブ ダ カンフィデンス

トュ キィペッ

続けていく自信ないなぁ。



【解説】


「自信がない」を「自信を持てない」で表現しました。


「I  don't」は「アイドント」ではなく

「don't」は語尾をおとして「ロン」か「ドン」にします。

なので「アロン」「アドン」です。


「confidence」は「o」を「ア」にします。

なので「カンフィデンス」です。


「con~」や「com~」で始まる単語は

ほぼ「カン」で言うので覚えておきましょう。


「it」は「i」を「エ」にして「エッ」にして

「keep」とくっつくので「キィペッ」です。



今回はここまで。

いかがでしたでしょうか。


スポーツネタとダイエットネタって結びつけやすいと思います。


反復練習が大事と言いつづけていますが、私自身も100回は言いすぎとしても50回以上は反復して上達してるのを感じています。


他の方も言ってますが、スマホで自分の声を録音しながらやるといいですよ。


英語は日本語と違い、喉を開いて低い声で言うようにするので、発生練習にもなり歌がうまくなると思いあんすよ!


だまされたと思ってやってみてください。



そして、突然ですが、このコーナーは、ひとまず終了となります。


あらためて、これをステップに進化コーナーを作ります!


その名も・・

【《1D》Breath英会話  】

(*ワンディ・ブレス英会話)


ひと息だけで会話するという

”深呼吸式アウトプット法”です。

英会話中級者を目指して進化していきましょう!


それでは、新コーナーでお会いしましょう。

(下にリンク張っておきます。)


Bye  bye~



・・・・・・・・・・・・・



英会話中級者への道!!

【《1D》Breath 英会話 】

(*ワンディ・ブレス英会話)

【その1】


☆耳よりなお知らせ★


*画面を横でプロフィール見やすくなります。


" 専用サイトから引用 " 

☆★ 挨拶動画もありますよ!