英語で世間話 PART1《その50》 

〖 作成日:2019.11.27 〗


・・・・・・・・・


これは、英会話初心者に向けての手作り教材。

アウトプット専用の反復練習ページ集です!


・・・・・・・・・・




必殺!!ネイティブ式カタカナ英会話!


☆アラフォーのカレー屋店主が発案★

身勝手なコーナー誕生!


【レツ!インジョイ・エングィッシュ英会話】


「Let's enjoy English!」

(ネイティブ式カタカナ読みです!)




・・・・・・・・・・


ども、こんにちは。


「おじさんのための月1フットサル」運営者


そして「アラフォーのカレー屋店主」こと猿渡と申します。


埼玉県の戸田市でひとりでカレー屋を営んでおります。


26歳のときに(*2002年)お店を始め、おかげさまで2019年3月で17周年を迎えることができました。


ですので、けっしてあやしいモノじゃございませんので、どうぞよろしくお願いします。



"じゃ、なんでカレー屋の店主が英会話?"と思った方は



■ 「レツ! インジョイ・エングィッシュ英会話その①」 からどうぞ!!



ここでは、ネイティブの発音をワタクシが半ば強引なカタカナで書いて、それを声に出して反復練習していくという勉強法を紹介しています。



個人的に思うことは

英会話のアウトプッは、サッカーのフリーキックや

バスケットの3Pのシュート練習と同じ、反復練習で身につけていくものだなということです。



反復練習をして、無意識のうちに口が覚えてる状態を目指していきましょう!


私が勉強しているのはアメリカ英語ですので、その点、ご了承ください。


ポイントはなるべく早いテンポで言えるようにすることです!


そうすることで単語1つ1つの発音だけでなく、3つ4つの単語を組み合わせた文節を一気に覚えることができます。


最近では、より日常生活で使える簡単な会話文を中心にピックアップしております。


今回は、会話の切り出し方から広げていきたいと思います。


私はお酒を飲むのが好きなので、そこから展開していきます!


3ページにわたっての会話文になりますので、よろしかったら進めてもらうとありがたいです。



使える機会あると思うので、その時のために何回も反復練習しましょう。




それでは、始めていきましょう!


「レツ!インジョイ・エングイッシュ!」





★☆ 他のページもここから飛べますよ! ★☆


『1』 ・・ 『42』 『43』 『44』 『45』 『46』

『47』  『48』 『49』 『50』 『51』 ・・・・

【Next】



まずはこのフレーズから話そう!


Something  good  happen?

スムセン グッ・ヘプン?

何かいいことあった?



【解説】


ここからの3つの文は同じ意味になります。


会話を始める言い方はいろいろあるので、ぜひ覚えましょう!


「something」は語尾をおとします。


「サムスィン」でも全然OKです。

ちょっと極端に書きました。


「good  happen」は「グッド・ハプン」ではなく


「good」は語尾おとして「グッ」


「happen」の「a」は「ェェ」にして「ヘェプン」から縮めて「ヘプン」になります。




What's  new  with  you?

ゥワツ・ニュ・ウィデュ?

何か目新しいことあった?



【解説】


この文は発音的には難しくないのですが、


「ワッツ・ニュー・ウィズ・ユー」とは言わず


全体的に伸ばさずに一気に言えるように練習しましょう。


「with  you」はくっつける感覚で「ウィデュ」です。




Any  interesting  news  lately?

エニ・エンチュレテン ニュゥス レイトリィ

最近、変わったことあった?



【解説】


上の2つの文章にも「lately」をつけてもOKです。


日常会話ではつけなくて最近のこと聞いてるって感じですよね。


ここでは「interesting」くらいですかね。


「インタレスティング」ではなく


「i」は2つとも「エ」で、「t」はここでは「チュ」にして語尾おとします。


なので「エンチュレステン」になります。




The  other  day,   I  went  out  drinking 

with  my  wife.

ズィアザデイ、ア・ウェンダゥ ジュレンケン

ウィドュ・マ・ワイフ

この前さ、ウチのかみさんと

飲みにいったんだけど。




【解説】


「The  other  day」で「この前」という意味です。


何か話そうとするまえに、ワンクッション入れられる言葉なので、ぜひ覚えて「この前さ~」という感じで会話を広げていってください。


「go  out  drinking」で「飲みにいく」になります。


過去形になり「went  out」になりますが

「ウェント・アウト」ではありません。


2つくっつくので「ウェンタゥ」もしくは「t」をダにして「ウェンダゥ」になります。


「out」は語尾がおちます。


「drinking」もよくでてきますが「ドリンキング」ではなく


まず「dr」は「ジュレ」にします。

「i」は2つとも「エ」にして

「ing系」は語尾が落ちます。


なので「ジュレンケン」になります。




The  price  of  beer  was  dirt  cheap  in  the  bar.

ダ・プライサァ・ビア ワズ

ダァト・チィペン・ダ・バァ

そこの居酒屋のビールの値段が激安だったんだ。



【解説】


「of」も何回も出てきましたが、何回も説明します。


「オブ」とは言いません。

「o」を「ア」にして「アブ」もしくは「アァ」前の言葉にくっつきます。


「アブ」の「ブ」は消えるくらい弱く言うので「ア」が強調されます。


なので「price  of  beer」は

「プライサァ・ビア」か「プライサブ・ビア」になります。


「dirt  cheap」は「掘り出し物」や「激安」の意味です。


「cheap」は「in」「エン」とくっつくので「チィペン」になります。


ちなみに「居酒屋」は、普通に「bar」といいます。




Really?  How  much  is  it?

ゥリリィ?ハマチ エゼッ?

そうなの?いくらだったの?



【解説】


ここは、非常に簡単なので反射的に自然に出せるくらい反復しましょう。


「really」はリアクションで非常に使い勝手がいいので、

いろんなケースで使えます。


復習になりますが「How」は「ハウ」と言わず「ハ」で。


「How much」は「ハマチ」で覚えましょう。


「is  it」もスムーズに言えるように。


「イズ・イット」はかっこ悪すぎます。


2つとも「i」を「エ」にしてくっつけて語尾落とします。


なので「エゼッ」です。


「ハマチエゼッ」は100回言ってモノにしてしまいましょう。



今回はここまで。


このページ全体で言えることですが、短い文章は一気に言えるように、

ひと塊として反復して覚えてしまいましょう。


まだまだ、次のページに続きますので、よろしくお願いします!


それでは、《その51》でお会いしましょう。


「レツ!インジョイ・エングィッシュ!」


Bye  bye~



☆耳よりなお知らせ★

a href="https://t.afi-b.com/visit.php?guid=ON&a=r9735a-W328723E&p=U687369N" target="_blank" rel="nofollow">■ この先生の教え方もネイティブ式カタカナ英語です。 もっと詳しくアウトプットの勉強したい方は一見の価値ありです!

*画面を横でプロフィール見やすくなります。


" 専用サイトから引用 " 

☆★ 挨拶動画もありますよ!