鉄板ネタ " 日常英会話 " その《43》

作成日:2019.11.11


・・・・・・・・・


これは、英会話初心者に向けての手作り教材。

アウトプット専用の反復練習ページ集です!


・・・・・・・・・・




必殺!!ネイティブ式カタカナ英会話!


☆アラフォーのカレー屋店主が発案★

身勝手なコーナー誕生!


【レツ!インジョイ・エングィッシュ英会話】


「Let's enjoy English!」

(ネイティブ式カタカナ読みです!)




・・・・・・・・・・



ども、こんにちは。


「ウォーキングサッカー普及活動家」


そして「アラフォーのカレー屋店主」こと遠藤と申します。


埼玉県の戸田公園あたりで1人で飲食店を営んでおります。


ワタクシ、26歳(*2002年)にお店を立ち上げ、おかげさまで2019年3月で17周年を迎えることができました。


ですので、けっしてあやしいモノじゃございませんので、どうぞよろしくお願いします。




"じゃ、なんでカレー屋の店主が英会話?"と思った方は



■ 「レツ! インジョイ・エングィッシュ英会話その①」 からどうぞ!!



ここでは、ネイティブの発音をワタクシが半ば強引なカタカナで書いて、それを声に出して反復練習していくという勉強法を紹介しています。


カタカナは邪道だと思うかたもいるとは思います。


このようなやり方で私は勉強していただけですので、

勉強法の1つとして初心者の方に見てもらえたら光栄です。



個人的に思うことは

英会話のアウトプッは、サッカーのフリーキックや

バスケットの3Pのシュート練習と同じ、反復練習で身につけていくものだなということです。



反復練習をして、無意識のうちに口が覚えてる状態を目指していきましょう!


私が勉強しているのはアメリカ英語ですので、その点、ご了承ください。


ポイントはなるべく早いテンポで言えるようにすることです!


そうすることで単語1つ1つの発音だけでなく、3つ4つの単語を組み合わせた文節を一気に覚えることができます。


最近では、より日常生活で使える簡単な会話文を中心にピックアップしております。


まだまだ、フットサルで出会ったドイツ人青年「ファ〇リス」をイメージして攻めていきます!


あらためて基本的な会話文を言えないと話にならないと痛感し、

基本に立ち返ってまた練習していきたいと思います。


それでは、始めていきましょう!


「レツ!インジョイ・エングイッシュ!」





★☆ 他のページもここから飛べますよ! ★☆


『1』 ・・    『35』 『36』 『37』 『38』 『39』

『40』 『41』 『42』 『43』 『44』・・・・

【Next】



「ピザでも食べながら飲まない?」って


Long  time  no  see. How   have  you  been?

ロン・タイ ノォスィ。 ハ・ヘブユ・ベン?

久しぶり! 元気してた?



【解説】


ここでは、この2つをセットで使うように覚えましょう。


「Long  time」は「ロング・タイム」と言わず

両方とも語尾おとして「ロン・タイ」でいきましょう。


「How」は毎度ですが「ハゥ」ではなく「ハ」です。


「have  you」は「ハブユ」でもOKなんですが

「a」は「ェェ」の言い方なので「ヘェブ」から早口モードで「ヘブユ」にします。


「been」は「ビーン」ではなく「ベン」と言います。


「元気してた?」とは、「どういう感じだった?」と聞くようなニュアンスになるので、こんな感じのいい方になります。




( I'm  glad )  you  are  looking  well.

( アム・グラッ)ユア・ルケン・ウェゥ

元気そうでなによりだよ。



【解説】


( I'm  glad )は

きみは元気そうだ。(私はうれしいよ。)

という意味合いが含まれます。


「アイム・グラッド」とは言わず「アム・グラッ」で縮めて言います。


「you  are」は「ユーアー」と伸ばさず「ユア」


「looking」は「ルッキング」ではなく

「ing系」はだいたい「i」を「エ」にして語尾おとします。


なので「ルケン」になります。


「well」は「ウェル」ではなく「l」を「ゥ」にして「ウェゥ」です。




How's  your  business  going?

ハズ・ヨァ・ベズィネス ガァエン? 

仕事はどう?(順調?)



【解説】


「How's」は「How  is」の省略形です。

「ハウズ」ではなく「ハズ」です。


「business」は「ビジネス」ではなく「ベズィネス」と言いましょう。


「going」は「ゴーイング」ではなく語尾おとして「ガァエン」

鼻にかけた言い方で「ガァイン」でもOKです。


この表現だけで「どう?順調なの?」というニュアンスも含まれます。


*ちなみに、こう聞かれたら・・・


うまくいってる場合

・It's  OK! 「エツ・アァケェ」

・Not  bad. 「ナッベェッ」

*悪いイメージの逆ということ


あまりよくない場合

・Not  good. 「ナッグッ」


よくも悪くもない場合

・Not  much. 「ナッマチ」

・Not  special. 「ナッ・スペシャゥ」




Where  do  you  want  to  go  out  drinking  today?

ウェ・デュ ゥオンタ・ゴアウ・ジュリンケン・トュデイ?

今日はどこで飲もうか?



【解説】


「Where」は「ウェァ」でなく「ウェ」にします。


「do  you」も「デュユ」より、さらに早口モードで「デュ」


なので「Where   do  you」で「ウェ・デュ」と言えるように100回言いましょう。


「want  to」は「ウォント・トュー」とは言いません。


「want」の語尾おとして「ウォントュッ」の感じになります。


「ッ」と書いたのは「トュ」と言うのではなく息を短く吐き出すイメージで言うからなんです。


「go  out 」は「ゴアウ」、「drinking」は「ジュリンケン」


「dr」は「ドリ」と言わず「ジュリ」になります。


「tonight」の「to」も上で説明した「トュ」の言い方になります。




What  would  you  like  to  eat?

ゥワ・ウジュ・ライクタ・イィ?

何か食べたいものある?



【解説】


「What」は「ワット」ではなく「ゥワ」


「would  like  to~」で「~したい」という意味です。


「like」「ライク」の「ク」は消えるくらい弱めに言います。


「to」は上で説明したように短く息を吐くように「トュ」と言ってください。


「eat」は語尾落として「イィ」です。


これを知らないと、リスニングの際に聞きとれないので要チェックです。


ちなみに、この文章は親しい友人などでつかうカジュアルバージョンです。


一般的なものとして


Is  there  anything  ( in  particular )

you  would  like  to  eat.


エ・ゼア・エ二セン(エン・パテキュラァ)

ユデュライ(ク)トュ・イィ


(特に)何か食べたいものありますか?


となります。





How  about  drinking  while  eating  piazza?

ハバウ・ジュリンケン ゥワイゥ・イィレン・ピッツァ?

ピザを食べながら飲むのはどうかな?



【解説】


「How  about~」で「~はどうか?」の意味になります。


「about」は「アバウト」ではなく、本来は「アバゥ」です。


ここでは、もっと縮めて「ハバウ」にしちゃいます。


「while」は「ワイル」ではなく「l」を「ゥ」にして「ワイゥ」にします。


「〇〇while~」で「~してる間〇〇」という意味になるので

「~しながら〇〇」ということになります。


「eating」は「イーティング」と言わず

「t」はラ行かダ行にして「ing」は「エン」にします。


なので「イィレン」か「イイデン」で言いやすいほうでOKです。


ここでは「イィリン」でも全然いいと思いますよ。



今回はここまで。


最近は、簡単で使いやすい会話文を使っているので、今までよりは練習しやすいと思います。


また次も、日常をイメージして作りたいと思います。


それでは、また《その44》でお会いしましょう。



「レツ!インジョイ・エングィッシュ!」


Bye  bye~


☆耳よりなお知らせ★

*画面を横でプロフィール見やすくなります。


" 専用サイトから引用 

" ☆★ 挨拶動画もありますよ!