レストランで注文英会話その⑲


必殺!!ネイティブ式カタカナ英会話!


☆★ アラフォーのカレー屋店主の身勝手なコーナー ☆★


【レツ!インジョイ・エングィッシュ英会話】へようこそ!

*「Let's enjoy English」のネイティブ式読みです!



こんにちは。はじめまして「アラフォーのカレー屋店主」こと遠藤と申します。


ワタクシ、26歳のときに今のお店をひとりで開業しまして、おかげさまで2019年3月で17周年を迎えることができました。


44歳のおっさんではありますが、決してあやしいモノじゃございませんので、どうぞ、よろしくお願いします。


私の店は埼玉県戸田市にありまして、名を「ダンデライオン」と申します。私の師匠のお店が「たんぽぽ」だったもので、同じ名前をいただきました。


" なんでカレー屋の店主が英会話なんて "と思った方は


■ 「レツ! インジョイ・エングィッシュ英会話その①」 からどうぞ!!


ここでは、ネイティブの発音をワタクシが半ば強引なカタカナで書いて、それを声に出して反復練習していくという勉強法を紹介しています。


私が勉強しているのはアメリカ英語ですので、その点、ご了承ください。


ポイントはなるべく早いテンポで会話文を言えるようにすることです!


そうすることで単語1つ1つの発音だけでなく、3つ4つの単語を組み合わせた文節を一気に覚えることができます。


ただの早口ではなく、区切るポイントを意識しながら覚えていきましょう。


海外旅行などで使える定番の外食シリーズ。まだまだ続きます。


それでは、始めていきましょう!


「レツ!インジョイ・エングィッシュ!」


料理の注文をしよう

How  would  you  like  your  steak ?

ハウジュライキョアステイク

ステーキの焼き加減はどのようにしますか?


How  would  you  like  your  that  cooked ?

ハウジュライキョアダクゥクトュ

どのように調理しますか?


【セット解説】

内容は同じで聞かれ方が違う場合があります。


どちらもワンテンポで言えるようにしましょう。


まず「How  would  you  like  your」を一気に言える練習しましょう。


「How」は「ハウ」ではなく「ハ」で。

「would  you」は「ウドュユー」ではなく「ウジュ」


「like  your」で「your」は「ユア」ではなく「ヨア」になり「ライク」の「ク」にくっつけると「ライキョア」になります。


なので一気に「ハウジュライキョア」です。




Welldone,  please.  And  I'll  have  chicken  salad,  please.

ウェゥダン、プリズ   /  エン  アゥヘェフ チェケンサラ、プリズ

ウェルダンでお願いします。/  それとチキンサラダをお願いします。


【解説】


「Welldone」は「ウェルダン」ではなく「l」は「ゥ」にして「ウェゥダン」


ちなみに「medium」は「ミディアム」ではなく「メデアム」

「rare」は「レア」でいいですが「ゥ」を入れて「ゥレア」で言えれば、尚よしです。


「and」は「エン」か「エンダァ・・」というとネイティブっぽいですね。


「I'll have」は「アイルハブ」ではなく、やはり「l」があるので「アゥへェフ」もしくは「アゥヘェブ」


「have」の「a」は「ェェ」という発音になるので、極端ですが、できれば意識して「ヘェブ」と言えるとよいです。


注文の際には「I'll have~」はよく使うので「アゥヘェフ」は100回言いましょう。


「chicken」は「チキン」ではなく「チェケン」

「salad」は「サラダ」ではなく「サラッ」になります。




How  about  the  dressing ? 

ハバウダジュレッスィン

ドレッシングはどうなさいますか?


【解説】

「How about」は「ハウアバウト」ではなく「ハバウ」で覚えましょう。


「How  about~」「~はどうですか」は日常会話でもよく使う言葉なので要チェックです。50回言いましょう。


「dressing」は「ドレッシング」ではなく「dr」は「ジュ」か「デュ」になり語尾は落とします。

なので「ジュレッスィン」、欲を言えば「ゥ」を意識して「ジュ・ゥレッスィン」





What  kind  of  dressing  / do  you  have ?

ワッケンダァジュレッスィン ドュヘェフ

ドレッシングの種類は何がありますか?


【解説】


「What kind of」はよく使う形なので覚えましょう。


「kind」は「カインド」でもいいですが「カイ」を意識しながら「ケンダ」


「of」は「オブ」ではなく「アァ」もしくは「ブ」が弱めの「アブ」で言いやすいほうで使い分けましょう。

この文は「アァ」で言います。


なので「ワッカインドオブ」ではなく「ワッケンダァ」になります。


「do  you  have」は1単語のように「ドュヘェフ」があたりまえになるまで反復しましょう。




We  have  French,  Italian,  and  Japanese  dressing.

ウィヘェフ フ・ゥレンチ エテェリエン エン・ジェェぺニィズ・ジュレッスィン


I'll  take  Italian  dressing.

アゥテイク エテェリエン・ジュレッスィン


【解説】


「French」は「フレンチ」なんですが「r」「ゥ」を意識していえると、尚良しです。


「Italian」は「イタリアン」ではなく「I」は「エ」、最初の「a」は「ェェ」で「エテェリエン」です。


ちなみに、国名の「イタリア」は「Italy」で「エダリィ」になります。「t」がダ行の音に変わります。


「Japanese」は「ジャパニーズ」ではなく、最初の「a」を「ェェ」にして「ジェェぺニィズ」になります。


もう復習の必要ないかもですが「Japan」は「ジャパン」ではなく「ジュペェン」です。

*郷ひろみさんが、正しい発音です。





☆★ ここでちょっと休憩 ☆★


 

*スマホの方、お手数ですが画面を横にしてもらうとプロフィール見やすくなります。

" 専用サイトから引用 " ☆★ 挨拶動画もありますよ!





She'll  have  the  Cream  sauce  pasta and  we'll  both  have the  Onion  soup.

シゥヘェフダ・クリィムサァスぺェスタ エン ウィゥバスへェフダ・アニァンスゥプ

彼女にはクリームソースパスタを、それとオニオンスープを2人前ください。



【解説】


「She」は本来「シュ」なのですが「have」が続くとやや言いづらいので「シゥ」にします。


「sauce」は「ソース」ではなく「サゥス」になります。

「pasta」は「パスタ」でもOKです。


「both」は「ボウス」ではなく「バス」にしましょう。


「Onion」は「オニオン」ではなく「o」は2つとも「ア」で発音し、早口で言うと「アニャン」になります。


「We'll  both  have~」で「2人前ください」という形になります。


全員に注文する場合は「We'll  all  have~」「ウィゥアゥヘェフ」になります。


「all」は「オール」ではなく「アゥ」になります。使い分けできると便利ですね。




Could  I  have  hamburger   without  mustard , please.

クダイヘェフ ヘェンバガァ ウィズアウ・マスタァドュ プリズ

ハンバーガーをマスタード抜きでください。


【解説】

これはレストランよりファーストフード店でよく使えるセリフですね。


「Could I」を「Can I」にしてもOKです。「ケナイ」もしくは「クナイ」になります。


「hamburger」「ハンバーガー」ではなく「ヘェンバガァ」です。「ヘェン」を強調して言ってみましょう。


「without」は語尾を落として「ウィズアゥ」です。


「~抜きで」は「without」や、この場合だと「no」を使って「no mustard」などで表現できます。




Does  it  have  any   shrimp  or  crab  in  it ?

ダゼハフ エニシュリンポァ・クレェ・ベネッ

それにはエビやカニは入ってますか?


【解説】


「shrimp」は「えび」という意味で「シュリンプ」でいいのですが、「or」とくっついて「シュリンポァ」になります。


「crab」は「かに」で「クラァブ」でもいいですし「a」「ェェ」を意識して「クレェブ」でもOKです。ただし、ここでは「in」とくっつきます。


その前に「in it 」は「イン イット」ではなく「i」は2つとも「エ」に発音になりますので「エネッ」もしくは「エニッ」でもいいかもしれませんね。


「クレェブ」と「エネッ」がくっついて「クレェ・ベネッ」になります。




She's  allergic  to  dairy.  /  What  can  she   have ?

シュズ アレゥゲックタ・デェリィ /  ワクン・シュハフ

彼女は乳製品のアレルギーがあるんです。/  何が食べられますか?


【解説】


「allergic」は「アレルギック」ではなく「アレゥゲック」です。


「be  allergic  to ~」で「~のアレルギーがある」という意味なので、何かアレルギー持ちの方は必ず覚えておいたほうがいいフレーズです。


「dairy」は「乳製品」で「デェリィ」


「can」はもうおわかりですね。「What  can」で素早く「ワクン」です。




anything  else ?  /  That's  all  for  now.

エニセンゲルス  /  ザツァァゥ・フナウ

他になにかありますか?/  とりあえずそれで結構です。


【解説】


「anything  else」は非常によく使う言葉なので、150回言って覚えてしまいましょう。


「g」と「e」がくっついて「エニセンゲルス」になります。


「anything」は「エニスィン」でもいいのですが「エニセン」で覚えたほうが、本当の発音の口に近いのでこっちで慣れていきましょう。


「That's  all」は「ザッツオール」ではなく「all」が「アゥ」でくっつくので「ザツァァゥ」になります。


あとは「for」は「フ」で短く言います。



今回はここまで。


なんとか注文するところまできました。


まだまだ、いろいろネタがあり、このシリーズを引っ張っていきたいと思います。


それではまた、その⑳でお会いしましょう!


「レツ!インジョイ・エングィッシュ!」


Bye bye~


☆★ 耳よりなお知らせ ☆★

*スマホの方、お手数ですが画面を横にしてもらうとプロフィール見やすくなります。

" 専用サイトから引用 " ☆★ 挨拶動画もありますよ!