海外のレストランで話せる英会話その⑱


*これは、英会話のアウトプット専用の反復練習ページ集です!


必殺!!ネイティブ式カタカナ英会話!


☆★ アラフォーのカレー屋店主の身勝手なコーナー ☆★


【レツ!インジョイ・エングィッシュ英会話】へようこそ!

*「Let's enjoy English」のネイティブ式読みです!



こんにちは。はじめまして「アラフォーのカレー屋店主」こと遠藤と申します。


ワタクシ、26歳のときに今のお店をひとりで開業しまして、おかげさまで2019年3月で17周年を迎えることができました。


44歳のおっさんではありますが、決してあやしいモノじゃございませんので、どうぞ、よろしくお願いします。


私の店は埼玉県戸田市にありまして、名を「ダンデライオン」と申します。私の師匠のお店が「たんぽぽ」だったもので、同じ名前をいただきました。


" なんでカレー屋の店主が英会話なんて "と思った方は


■ 「レツ! インジョイ・エングィッシュ英会話その①」 からどうぞ!!


ここでは、ネイティブの発音をワタクシが半ば強引なカタカナで書いて、それを声に出して反復練習していくという勉強法を紹介しています。


私が勉強しているのはアメリカ英語ですので、その点、ご了承ください。


ポイントは、単語1つ1つを発音していくのではなく、1つの会話文を1テンポや2テンポくらいで言えるように練習することです。


さらに速さも意識していくと、自然とスムーズに英会話が言えてる自分に出会えます!


ここ何回かでは、食事シーン、主に外食での会話文を展開していっています。


それでは始めていきましょう!


「レツ!インジョイ・エングィッシュ!」

イメージはレストランの入り口からです。

Are  there  any  tables  available  by  the  window  ?

アゼァ・エニテェボゥズ アベェラボゥ   バイダウィンダゥ 

窓際の席は空いてますか?


【解説】

「table」は「テーブル」ではなく「テェボゥ」になります。


復習で「a」は「ェェ」で「l」は「ゥ」と発音します。なので「テェボゥ」です。

*全てにあてはまるわけではないので注意。


「available」は「利用できる」などの意味で使われます。なくても意味は通じますが、よく会話の中で使われる言葉なので覚えておきましょう。


「table」や「room」など名詞の後につけます。

ちなみに、レストランの席は「table」、飛行機や電車の席は「seat」、ホテルは「room」ですね。




Would  you  like  smoking  or  non-smoking?

ウジュライ・スマァケン オァ ナンスマァケン

喫煙席にしますか?それとも禁煙席にしますか?


【解説】

「like」は「ライク」でもOKですが、語尾が落ちて「ライ」と聞こえることもあるので注意です。


「smoking」は「スモーキング」ではなく「o」は「ア」、「i」は「エ」の発音で語尾の「g」は落とします。


なので「スマァケン」になります。*極端にしてますが、まずはこれで慣れましょう。


「non」も同じ発音で「ナン」です。




Non-smoking,   please.  /  Can  I   see  a  menu?

ナンスマァケン・プリィズ /   ケナイスィアメヌ

禁煙席でお願いします。/  メニューを見せてもらえますか?


【解説】

ここでは「Can I」くらいですかね。


まず「Can」は「キャン」ではなく「ケン」または「クン」になります。


そして「Can」の「n」が「I」「アイ」とくっついて「ケナイ」「クナイ」となります。


自分から何かするときには「Can I~」はすごくよく使いますので、100回言って身につけましょう。





Are  you  ready  to  order? /  May I have your order?

アユレディタアァダァ /  メアイハブヨア・アァダァ

ご注文はお決まりですか?


【解説】

2つとも店員から言われるセリフなので、覚えておきましょう。


両方とも途切れさせずワンテンポで言えるように練習です。


「Are you」は「アーユー」と言わず「アユ」


「to」は「トュ―」ではなく「タ」か「トュ」でもいいです。

この時、息を短く吐き出すように言って次の言葉につなげるようにしましょう。


「order」は「オーダー」ではなく「o」があるので「アァダァ」になります。


「your」は「ユア」ではなく「ヨア」です。

「You are~」も「ヨア」と言います。




Not  yet. /  Could  you  give  me  a  few  minutes ?

ナッイェッ  /   クジュゲブミ アフュメニツ

いえ、まだです。/ もう少し待ってもらえますか?


【解説】

「Not yet」は両方とも語尾の「t」が落ちて「ッ」の感じを出します。


「Could  you」は「クド ユウ」ではなく、つなげて「クジュ」です。

ちなみに「Could I」は「クダイ」になります。


「give me」は「ギブミー」ではなく「i」を「エ」にして「ゲブミ」


「minutes」も「i」は同じなので「メニツ」です。





☆★ ここでちょっと休憩 ☆★



*スマホの方、お手数ですが画面を横にしてもらうとプロフィール見やすくなります。

" 専用サイトから引用 " ☆★ 挨拶動画もありますよ!





We're  fine  with  water  for  now.

ウィアファイン ウィズワァラァ・フナウ

まずは水でけっこうです。


【解説】

「fine」の意味合いで「よい」の他に「平気です」があるので、この文はこれにあたります。


「water」は「ウォーター」ではなく「ワァラァ」です。「t」が「ラ行」の音になります。


「for」は「フォー」ではなく「フ」です。リスニングのときに一瞬しか聞こえないので、これを意識して覚えておかないと聞こえないと思います。





What  do  you  recommend ? /  What's  today's special ?

ワルユ・ゥレカメン /  ワツトュデイズ・スペシャウ

おすすめは何ですか? /  本日の特別料理は何ですか?


【解説】


「What  do  you」はリスニングにおいても非常に大事なので、これは必ず覚えないとダメなものです。


「ワッドュ―ユー」ではなく「ワルユ」です。

「You don't」を「ユロン」と言うように「d」が「ラ行」の音になります。


「recommend」もよく使います。「おすすめ」は日常会話でも使いやすい言葉ですね。


「レコメンド」ではなく「o」「ア」で語尾を落として「レカメン」です。


「What's」は「What is」の省略形ですが「ワッツ」と言わず「ワツ」で覚えましょう。


「today」は「ツデイ」でもいいのですが、「ワツ」が前にあるので、この場合は「トュデイ」でも言いやすいほうでいいと思います。


「special」は「スペシャル」ではなく「l」は「ゥ」にして「スペシャゥ」になります。




We  have  the  fresh   see  bream  from  Canada.

ウィハフダ・フレッシュ・スィブリム フムキャァナダ

カナダ産の新鮮な真鯛があります。


【解説】


「have」は「ハフ」と書きましたが「ハブ」でもOKです。

「We」はのばさないで「We have」が1単語くらいのつもりで言ってください。


「see bream」は「鯛」という意味です。

「シーブリ―ム」ではなく「スィブリム」か「スィブリィム」でOKです。


「from」は「フロム」ではなく「フム」か「フラム」です。

リスニングの際に「for」と一緒で「フム」と一瞬しか聞こえない場合があるので注意です。


「Canada」は「カナダ」ではなく「キャァナダ」になります。


ちなみに「カナダの」や「カナダ人」は「Canadian」で「ケネェディエン」です。

「キャ」とは言わず「ケ」になります。




I'll  try  that. /  I'll  have  this  one.

アイゥ チュライダッ /  アイゥ ハフデスワン

それにしてみます。/  これをください。


【解説】


「I'll」は「I  will」の省略形で「アイル」ではなく「アイゥ」


「try」は「トライ」ではなく「tr」は「チュ」なので「チュライ」です。


「I'll」は買い物などでも同じように使いますので、ぜひ覚えましょう。



今回はここまで。


まだまだ、外食編を掘り下げていきますので、お楽しみに!


それでは、その⑲でお会いしましょう!


常に声に出して反復練習あるのみです!


「レツ!インジョイ・エングィッシュ!」


☆★ 耳よりなお知らせ ☆★

*スマホの方、お手数ですが画面を横にしてもらうとプロフィール見やすくなります。

" 専用サイトから引用 " ☆★ 挨拶動画もありますよ!