アラフォーの店主が中性脂肪の数値を下げた実話(その1)

ども、あらためまして「趣味コンwithビブリオバトル」運営者兼「ダンデライオン(戸田公園)」店主、「ヒゲの店主」こと遠藤と申します。

最近では、めっきり髪とヒゲに白髪が目立つようになり、仕事では(*1人で17年間、自称?カレー屋を営んでおります)ニット帽をかぶっているので、黒く染めることもしなくなりました。

はたから見たら、実年齢以上に見えるかもしれませんね・・・

さすがに、ここまでは白くはありませんが・・・

世間話のあるあるネタで、30代、40代あるいはもっとうえになるにつれて健康ネタの話が多くなりますよね。

一番わかりやすいのが、定期健診の数値についての話。主に、お酒を飲んでる人なら「尿酸値」とか、太ってる人だと「中性脂肪」などなど。細かくあげるとキリがありませんが、今回は、その「中性脂肪」に関して、私の実体験が皆さんのお役に立つのではないかと思い、記事を書くことにしました。


■□■□ ■□■□ ■□■□ ■□■□ ■□■□ ■□■□ ■□■□ ■□■□ ■□■


 まず、私はメタボではなく、ほどよい細身のおじさんです。


■□■□ ■□■□ ■□■□ ■□■□ ■□■□ ■□■□ ■□■□ ■□■□ ■□■

そうなんです。私はメタボではないんです。私は若いときから体型はほぼ変わっていません。ざっくり、身長170cm、体重60kg。ごつくもなくガリガリでもなくという感じです。

それが、なぜ「中性脂肪」の話をするのかというと、やはり定期健診の結果から始まりました。

~我が店、ダンデライオン(戸田公園)定期イベント・「ビブリオバトル」より~
~我が店、ダンデライオン(戸田公園)定期イベント・「ビブリオバトル」より~

上にも少し書きましたが、私は、26歳から1人で「ダンデライオン(戸田公園)」を立ち上げ、2019年3月で17年が過ぎております。会社員でない私は定期健診などはなく、若さからの油断もあり自分からお金を払ってまで健康診断をうけることは全くしませんでした。

本来なら、体が資本となる(ましてや自分しか働く人がいない)飲食業において体調管理は、1番大事な要素といえますが、40歳になるまで大きな病気やけがもなく過ごすことができていました。

40歳になり、知り合いから無料で市の定期健診が受けられることを教えてもらい、さっそく受けにいき血液検査の結果を見ることができました。若いときから、ビールが大好きで飲まない日が全くないほどビールを飲み続けてきましたが、「尿酸値」は、基準値内の6.2。(*男性は3.8~7.0、女性は2.5~7.0)

これはこれで、自分としては驚くべき数字だったのですが、他の数値もすべて基準値内で意外と健康なんだなというのが第一の感想でした。さて、ここでいよいよ「中性脂肪」の登場です!

まず、基準値は男女とも30~149です。他の数値並みなら100前後といったところかと思いますが・・・


□■□■ な、なんと412 !!!!  □■□■

まさに、規格外の数値をたたき出してしましました。なので、また来年の定期健診までになにか改善策を打ち出していかねばと思い、いろいろと私は調べ始めました。


□■□■ 中性脂肪が高いとどんな影響があるのか □■□■

そもそも、中性脂肪は私たちの体はなくてはならないものだそうです。しかし・・・

  1. 肝臓で増えすぎると脂肪肝になる
  2. 皮下組織で増えれば肥満になる
  3. 血液中の中性脂肪が多いと動脈硬化のリスクが高まる

その他にも数値が高い場合として「ネフローゼ症候群」「糖尿病」「膵炎」「甲状腺機能低下症」などを患っている可能性もあるそうです。

つまり、数値が高いからといって必ずしも肥満ではないということです。(とんだ勘違いでしたね。)

アルコールや糖質の多い食べ物の過剰な摂取以外にも中性脂肪値が高い原因はあるようです。

たとえば、痩せているのに数値が高い場合は、食事から吸収した脂肪が血液中にたまりやすい体質かもしれないということ。

私の場合、これに当てはまってしまうのでしょうか?(血液サラサラは玉葱スライスかな・・)

血液ドロドロだと、体の隅々まで栄養や酸素が運ばれず、老廃物もたまりやすくなり、美容と健康に影響があると考えられます。また、なんにでもいえますが、ストレスによる悪影響も考えられるのでストレスのある生活を送ることもよくないですね。


□■□■ 改善策は、ズバリ「サプリメントの摂取」!!□■□■

数値を下げる改善策としては、いろいろなサイトをみていくと細かく書いてありましたが、ざっくり食生活の改善にまつわるものが多かったです。

糖質や脂質のあるものを控えることや、食物繊維を多くとるなど。しかし、日頃から油の多いもの、たとえば肉やスナック菓子、ラーメンなどほんのたまにしか食べず、しかもおつうじも毎日快調である私からすると可能性があるとしたら、ビールの摂取量を控えることぐらいでした。

ただ、それに関してはまったく控えようとする意志はもちあわせてないので、即却下でした。すると、もう選択の余地はなく、サプリメントを1年飲み続けてみようということになりました。

サプリの成分は「EPA(エイコタペン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)」が中性脂肪値を下げるのに効果的だそうです。なので、ドラッグストアにいき購入することにしました。

長くなりそうので、私の40歳から43歳までの4年におよぶ中性脂肪の数値の推移は「その2」のページでご紹介したいと思います。しばし、お待ちを・・・


・「アラフォーの店主が中性脂肪の数値を下げた実話(その2)へ